お気に入りサイト更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【F1】伊紙、小林可夢偉を「トップチームでも見劣りしない」

1 :依頼2@落花流水ρ ★:2011/06/14(火) 22:31:21.54 ID:???0
現地時間(以下、現地時間)14日、イタリアの新聞『ガゼッタ デッロ スポルト』紙が、F1第7戦カナダGPにおける小林可夢偉について「トップチームでも見劣りしない」と評価している。

同紙の10点満点の採点によると、カナダGPの最高得点は劇的な勝利を収めたマクラーレンのジェンソン バトンで『9』。ファイナルラップでJ.バトンにトップの座を明け渡したレッドブルのセバスチャン ベッテル、チェッカー直前に小林をかわしたフェラーリのフェリペ マッサが『8』となっている。

そして小林も、「小林はトップチームでも見劣りしないしないことが確認された」とその走りが認められ、『8』がつけられた。さらにメルセデスGPのミハエル シューマッハも、「かつての輝きを見た」で『8』だった。

一方で、J.バトンと接触しリタイアに終ったマクラーレンのルイス ハミルトンは「思い上がりによるミスを連発」と批判され、レッドブルのマーク ウェバーともども『5』と低い評価を下されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000110-ism-moto
スポンサーサイト
[ 2011/06/15 02:45 ] F1 小林可夢偉 | TB(0) | CM(0)

【F1】F1カナダGP決勝 優勝はジェンソン・バトン!小林可夢偉一時は2位を走る活躍も順位を落とし7位フィニッシュ

845522.jpg

1 :( ^ω^)初音奈々φ ★:2011/06/13(月) 06:20:55.50 ID:???0
F1カナダGPの決勝レースが12日(日)、モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

日曜日のモントリオールは雨。今季初のウェットコンディションでのレースとなり、セーフティカー先導でのスタートとなった。

4周目にセーフティカーが引っ込みレースは再スタートとなったが、8周目にルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンが接触して再びセーフティカー。その後、中盤に雨が強くなったことで再びセーフティカーが導入され、25周目に赤旗中断となった。

その後、2時間の中断を経てセーフティカー先導で再開。だが、その後もセーフティカーやクラッシュが続出する荒れたレース展開となった。

優勝は、マクラーレンのジェンソン・バトン。バトンは今シーズン初優勝。2位にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3位にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、一時は2番手を走る活躍をみせたが、徐々に順位を落とし、最後はフィニッシュライン直前でフェリペ・マッサ(フェラーリ)に抜かれ7位でフィニッシュした。
http://f1-gate.com/result/f1_12035.html
[ 2011/06/13 08:20 ] F1 小林可夢偉 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。